カートをみる ご注文の流れ お客様の声 お問い合せ サイトマップ

関東地方の大雪

別の事業が忙しく店長日記を長らく放置をしてまいりましたが

ボチボチ書き込んでいこうと思います。

さて、今回は土曜日に雪に降られたおかげで貴重なお休みが無くなってしまいました。

会社員であれば振替の休日が貰える会社もあるのでしょうが

しがない自営業者にはそのようなシステムは無いのです。

こうなったら馬車馬の如く働いてやる!!


で、雪の話ですが私が住んでいる地域は埼玉県で、

雪国ではありませんので雪に対しての免疫は低いです。

なので坂道で立ち往生している車や

歩行中スリップで転倒する人などが多発するのです。

「こんなんじゃ、雪国の人たちに見られたら笑われてしまうね」などと考えながら

仕事場に戻り、雪かきを始めたのですが

10かき位した時点で、強烈な疲労感に襲われ

20かき位の時点では身体はガタガタになり、大自然の脅威に押し潰されてしまいました。

雪かき、相当にきついです。

周りを見渡せば、そのようにヘロヘロになっている人が多くみられ

スコップに乗せている雪の量もちょびっとづつのありさま。

今回の大雪で、再度雪国の人たちの逞しさに感心させられました。

大スター、トシちゃん!

テレビを観ていたら、何かの発売会見で

久しぶりにトシちゃんを見ました。

のっけから「アイ〜ン」と発言をして大はしゃぎをしていましたが

周りの空気は寒々しく、司会の人もフォローするのに必死です。

どうやら当人はオヤジキャラに設定をしているようですが、

かつてのスターのこの痛々しい姿を見ていると

芸能界で生きていくというのはキビシーのだなぁ

とつくづく思いました。


しかし私自身、このところ仕事上で若い人と接する機会が多く

話がうまく合わないあまりに、つまらない冗談などを言ってしまい

「ハハハ・・・。」と愛想笑いをいただいております。

このようにして「オヤジ」への道をい一歩一歩進んでいくのですね

トシちゃんも頑張っているのだから自分も頑張らねば

そうだ、今日もトシちゃんを見てモチベーションUPしよう!

夏から秋へ

太陽の沈む時間が日に日に早くなってきている
今日この頃ですが・・・。まだまだアツイ・・・。

今日、外出したら油蝉が大合唱してました。この鳴き声を
聞くだけでより暑さが倍増しますね。

この大合唱の鳴き方を、『蝉しぐれ』というのだそうです。
多くの蝉が雨のごとく鳴きしきる事・・・という意味なんだとか・・・。
確かに、時雨のように鳴き続けていました。時雨だとびちゃびちゃになって
しまいますが、蝉しぐれは濡れないのでそれだけでも助かりました。
昔の人はたとえが上手いですね。わたしも何か考えてみようと昨日から思って
いましたが、たとえがなく・・・結局作れませんでした。

秋のはじまりともなると、ツクツクボウシも鳴きはじめます。
この鳴き声を聞くと、小さい頃、早朝のまだ誰も動かない時間に
ツクツクボウシの合唱を聞いたことを思い出します。あれは秋の始まり
の合図だったのかなぁと毎年思うのです。

セミたちにも季節のバトンタッチがあるように、人間界でも季節のバトンタッチ
ってあるのでしょうか?
大人は毎日、時間と仕事におわれて考える余裕もないかもしれませんね。
子供たちは感じてるのでしょうか?

私が子供の頃はやっぱり、春・夏・冬休みと期末テストで感じていたように
思います。あの頃のお休みは楽しみで楽しみで1ヵ月を遊んで、昼寝してと
ぐ−たらしてたなぁ。。。
そして夏休みの宿題がまだ終わっていないことに
学校が始まる一週間くらい前に気付くんですよね(* ̄0 ̄*)
このパタ−ンを小中高合わせて12年繰り返していましたが、それはそれで
ブレなかった自分に『よくできました』をつけてあげたいです。

シリア内戦

2011年、アラブの春をきっかけに

現在シリアでも民主化運動が起きていて

シリアのアサド政権は反体制派を徹底的に厳しく弾圧し

非武装の女性、子供、老人など容赦なく攻撃を続けています。

この市民への武力弾圧に対して、国連安保理では

アサド大統領の退陣と市民弾圧中止命令を決議しようとしましたが

信じられないことに、シリアと友好関係にある常任理事国のロシアと中国が

なんと拒否権を行使し、結局白紙になってしまいました。

弾圧が本格化した今年の3月からの犠牲者は2万人を超えたそうです。

何の利権がからんでいるのか解りませんが、悲しい限りです。


といった話を職場で話していたら、

「でも平和な日本でコンスタントに毎年3万人以上自殺しているというのも
 なんだか本当に平和なのだろうか・・・? 内戦の犠牲者より多いですよ!」

「う〜ん、自分でそれを選べるだけ平和なのかも・・・。
 日本人ってハートが弱いのかな・・・?」

「生きたいのに命を奪われてしまう人、絶望し自ら死を選ぶ人、
 どちらも悲しいですね・・・。」

と、重い会話になってしまいました。

その人達にくらべて、自分は今幸せな環境にあると

つくづく思った次第です。

餃子の街 宇都宮

餃子の銅像などを建てたりして

街をあげて築き上げてきた「餃子の街、宇都宮」ですが

2011年に静岡県の浜松に抜かれてしまったようです。


大変な衝撃を受けた宇都宮市は「宇都宮餃子日本一奪還計画」

なるものを発足させていきり立っており、キャッチコピーは

「為にすべきことはただ一つ。食って、食って、食いまくれ!」だそうです。

かなり気合が入ってます。

奪還計画のサイト内を見ると天狗の漫画などがあり結構面白いです。

http://www.shimotsuke.co.jp/select/ugno1/


私も「みんみん餃子」は好きなので頑張ってほしいと思うのですが

なぜか浜松は強く、今年も余裕で宇都宮をぶっちぎってしまう勢いです。

当の浜松市は「宇都宮市さんには頑張って一位を取り戻してほしいと思います。」

とコメントしているようで、餃子に対して特別な思いはなさそうです。

餃子で大騒ぎをしているのは宇都宮だけ、といった感は否めませんが

私も宇都宮に行ったら餃子を買ってこようと思います。

宇宙人

宇宙人というと圧倒的な力で地球を滅亡させる!

みたいなイメージを持ってしまいがちですが

「移動」に関しての技術は高くても、こと「攻撃」に関してはてんでダメ!

といったことが、もしかするとあるかもしれません。

マヤ文明も「天文学」は発達しましたが、「金属加工や馬車」などに関しては

他の文明に比べて大きく遅れていたそうですから十分にあり得ると思います。

その場合、「最終兵器」位のつもりで放ったレーザービーム攻撃が

人間にしてみたら少し「ピリッ」と刺激が走るくらいで

何のダメージにもならないといったことが起きるわけです。

宇宙人たちはさぞ慌てることでしょう。

そして肉弾戦になった場合はもう楽勝です。

何故なら、130cmくらいで痩せている彼らを倒すことは造作もないことだからです。

しかしここは力でねじ伏せてしまうよりも

話し合って、お互いを理解し、手を取り合って共存していった方が良いですよね。

皆さんも街中などで宇宙人とばったり出くわしたとしても、

軽はずみに倒さないようにしましょう!

今年も梅雨の季節がやってきましたね。

梅雨と言えば、彼が活躍をする季節ですが

梅雨入り宣言とともにいきなり参上してくれました。

彼とは、もうお分かりだと思いますが

ゴキブリ(以下Gという。)のことです。

今回のGは「茶」ではなく「黒くてツヤツヤ」のヤツですので

私にとっては、やや苦手なタイプです。


速攻で撃退してやりたいところですが

変に大きな動きを取ってしまい、Gを刺激すれば逃げてしまいます。

いえ、逃げてくれればいいのですが、当方に向かって飛んでくるといった

最悪のケースも想定されますので、ここは慎重に行動をしなくていけません。


いざ殺虫剤をかまえて攻撃を加える段階ですが、ここでも作戦が必要です。

真正面から攻撃を加えれば奥の隙間に逃げてしまい、倒したとしても回収できません

やはり後方から殺虫剤をかけて、手前に逃げてくるように仕向けた方が良いでしょう。

ここで注意ですが、いきなりGが加速をしてくることも想定して、

バックスステップでかわす為のスペースが後方にあるのかどうかの確認も必須です。

そしてこちらに向かってくるGに対して、正面から強烈な一撃を加えてやります。


Gとの壮絶な駆け引きの末、今回のミッションも無事に終了しました。

使用した武器は「ゴキジェットプロ」です。「プロ」と書いてありますので

おそらくプロ用の銃器なのでしょう。イチコロです。

Gとの戦いには精神力も相当に消耗しますので、

ティータイムなどを設けてメンタルケアも忘れてはいけませんね。

生活保護

大阪府で親子が首を吊って死んでいるといったニュースが出ていました。

親子は年金暮らしで発見当時の所持金は無く、電気は止められ

銀行の残高も数円だったそうです。

死ぬ前に「生活保護を受ける」といった選択肢はなかったのでしょうか。

年間3.4兆円の生活保護費ですが、

本当に必要なところにうまく渡るようにしていきたいですね。


最近では河本準一氏の件でこの「生活保護」が話題になっていますが

「貰えるものなら貰っておこう・・・。」といった考えは

多くの人が割と普通に持ち合わせているのではないでしょうか?

車の小さな接触事故でも病院へ必要以上に通い詰めるといった話もよく耳にします。

行政の生活保護費支給の仕組改善も必要なことですが

同時に私達の倫理も一度考えてみる必要もあるかもしれませんね。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

介護保険制度見直しの為、2012年4月1日

「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」といったサービスがスタートしました。

その目的は、住み慣れた自宅で生活し続けられる「限界点」を高めることが狙いです。

しかし、「随時」ということは「24時間対応」ということですので

事業所においてそのサービスを可能にする体制を整える為には

それ相応の運営費用がかかってきます。

そして、その負担を国、自治体、利用者がするわけです。


世界に先駆けて、先進国として超高齢化社会を迎える日本ですが

知恵をしぼって財源確保をしてほしいものです。

「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」、理想的な仕組みだと思いますので

なんとか、軌道に乗ってくれるといいですね。

山菜

先日、知人が山形県の山から山菜を採ってきてくれました。

「タラの芽」と「コシアブラ」です。

「タラの芽」は山菜の王様、

そして「コシアブラ」は山菜の女王と言われているそうです。

最近までこの山菜の存在を知らなかったのですが

天ぷらにすると激うまです!

ラーメンどんぶりに一杯分くらいの量を一気にたいらげてしまいましたので

多分、胃がもたれるのでしょうが、そんなことは関係ありません。

何故なら、それほど旨いからです!大満足!


しかし、美味しいといった幸福感をエサに、

つい食べ過ぎさせて、胃をもたれさせる。

なかなか、巧妙に考えられた攻撃方法ですね。

さすが王様&女王、これが山菜の覇者として君臨している所以なのですね。

なっとく、なっとく。

ページトップへ